大会会場に入構するときのご注意


◇◇ 大会を見学される方 ◇◇


 全国大会の会場は、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターのご理解とご協力により開催しています。セキュリティーを確保するために筑波宇宙センターに入構するためには次のことを厳守していただきます。
 事前の登録がないかたは、筑波宇宙センターに入構することができません。
 セキュリティーの確保にご理解とご協力をお願いします。
 ◆ 大会は雨天でも開催します。
   ただし、風速毎秒8m以上、雷鳴が聞こえ、雷が接近してくると思われるときは競技を一時中断します。さらに、降雨が激しく参加者の健康管理に問題が生じると思われるときも一時中断、もしくは中止をします。競技の一時中断が生じたときは、一部の競技の中止等を含め大会運営を変更することもあります。




事前登録をしていないと入構できません。
事前登録の方法が、ここをご覧ください。








@当協会から送付された「見学入構許可証」
Aいずれかの証明書
 ・当協会のモデルロケットライセンス
 ・公的機関が交付する証明書
(例)自動車運転免許証、健康保険証、
パスポート、パスポート 等々
・中学生以上の学生は、学生証
※ 小学生以下は身分証明証は不要
準備しておくと良いもの
 @ いすまたは、レジャーシート
 A タープテント等日差しを避けるため
 B 昼食
天候が心配なとき、雨具、レインブーツ



JAXA入り口付近に当協会の担当者が待機しています。
(1)「見学入構許可証」の提出、身分証明書を提示して見学者証を受け取ってください。見学者証
は、見やすいところに貼ってください。
(2) JAXA警備員に見学者シールを提示して入構する。
(3) 入構したらそのまままっすぐに進んでください。
(自動車は、駐車場に止めてください。)


・臨時駐車証を受け取り、指定された駐車場所に止めてください。


(1) モデルロケット打ち上げ場所は、発射点を中心にして半径20m離れたところに赤色のコーンを置いています。この赤色のコーンの内側に入らないでください。
(2) モデルロケットの飛行にご注意ください。


 JAXAのご理解とご協力だお借りています。
@ JAXA職員、警備員、当協会担当者等大会運営委委員の指示に従ってください。
A トイレは、入り口近くにある食堂棟横にあります。汚さないように使用してください。
B ごみの持ち帰りにご理解とご協力をお願いします。
 当協会では、JAXAの格別のご理解をいただき全国大会のために施設をお借りしています。従って、JAXA職員とその関係者、警備員の方は、大会運営とは関係ありません。ご迷惑がかからないようご協力をお願いします。ご質問等は、こちらへお電話ください。
  大会本部:090-3694-9387