トップ従事者資格(ライセンス)制度> 第4級ライセンスを取るには

打ち上げ実績による4級
ライセンスを申請される
型は、エンジンに貼られ
ているこの赤色シールが
申請に必要です。

第4級ライセンス取得講習会受講経費
講習受講経費

<写真1>


   ロケットキット
@ロケット(アルファーV)
A打ち上実績による第4級ライセンスの取得申請書は下をクリックしてください
第4級従事者登録申請書
<写真2>



スターターキット


@ロケット(アルファーV)
A発射台
Bランチロッド
Cコントローラー
(コントローラーは006Pのアルカリ乾電池が必要です。)
が同梱されています。

第4級ライセンスの取得方法


はじめに

 指導講師の資格をお持ちの方から講座(宇宙工学基礎、法令)と実技(安全な打ち上げ)を受講することが原則ですが、講習会を受講することが難しい場合は、打ち上げ実績による取得(下のAを参照)があります。


講習会を受講してライセンスを取得

 (ア) 協会主催の講習会を受講する。
  ・当協会では、毎月ライセンス取得する方を対象にした講習会を開催しています。講習会の予定は、ホームページでご確認の上、受講の予約をしてください。
   なお、受講料は、4,000円です。教材費が掛かります。また、受講を修了後、
  ・ライセンス登録費(1年間 3,500円 3年間 7,300円)が必要です。
   ※ 受講からライセンス登録まで経費は下の表をご覧ください。また、右の「第4級ライセンス取得講習会受講経費」の下、「講習受講費」をクリックしてください。
  ・当協会の講習会の受講を希望される方は、ココをクリックしてください。講習会の予定表をご覧になれます。(第4級と指導講師ライセンス取得の講習会は同時開催です。)
 
(イ) 教育委員会、学校、認定クラブ等々が主催する講習会を受講する。
  ・講習会主催者にお問い合わせください。

(ウ) 指導講師を招いて講習を受ける。
  ・身近の方で指導講師ライセンスをお持ちの方と連絡を取り講習を受けてください。
   なお、指導講師の方がわからない、協会から講師を派遣して欲しいとお考えの方は、当協会までご相談ください。

 
打ち上げ実績による第4級ライセンスの取得

 協会の講習会を受講することが難しい方(講習会場まで遠い、受講する時間がとれない等)は、講習を受講することに代えて、打ち上げ実績による取得があります。下の@〜Bを熟読してロケット工学と安全なロケットの打ち上げ方を学び、かつ安全にロケットを打ち上げる実習を行う。安全な打ち上げとは、ロケットの打ち上げから、パラシュートが上空で開いて地上値着地し回収するまでを指しています。
@日本モデルロケット協会案内を熟読する。
Aモデルロケットライセンスの取得方法を熟読する。
B「ロケットをとばそう!」第4級テキストを熟読する。
Cモデルロケットの安全な打ち上げ実習3回以上の体験。

なお、初めてモデルロケットを打ち上げるときには次のものが必要です。
@ モデルロケット、A パラシュート(ストリーマーでも可)、B リカバリーワディング、Cエンジン(A8−3)、D イグナイター、E イグナイターキャップ、F 発射台、G ランチロッド、H 点火装置(コントローラー)、Iアルカリ電池(006P)

(注)スターターセットを購入すると@、A、F、G、Hが同梱されています。
   エンジン(A8−3)を購入すると、C、D、Eが同梱されています。
 従って、初めてロケットを打ち上げるときは、スターターセット、エンジン、リカバリーワディング、アルカリ電池の購入が必要です。
 詳しくはココをクリックしてお読みいただくか、または協会までお問い合わせください。
 上記の教材が必要な方は、ココをクリックしてください。
 
 次の3種類の資料をホームページからダウンロードし、A型エンジンを用いたモデルロケットの打上を3回行い「第4級従事者登録申請書」と登録料を郵便振替または現金書留にて協会へ送付することにより取得することができます。「第4級従事者登録申請書」が必要な方は、ココをクリックしてください。(注:申請書の生年月日は、西暦でご記入ください。)


《受講からライセンス登録までの費用》

講習会費
教材費
(アルファーV)
エンジン



(A8-3)
ライセンス登録費
合  計
ロケットキ
ットのみ
ロケットキット

発射台

コントローラ
1 年間
3 年間
4,000
3,950
9,800
1,850
3,500
7,300
Aタイプ


13,300
Bタイプ

17,100
Cタイプ


19,150
Dタイプ

22,950

※1 ロケットキットは、教材に使用するアルファーV 1機(右上写真1参照)

※2 スターターキットは、ロケットキットの他に、発射台、ランチロッド、コントローラーがセットになっています。(右下写真2参照)
※3 講習会を受講する方は、受講当日に上記の表のA〜Dタイプ(表は横の列をご覧ください。)のいずれかを選んでいただきます。費用の支払いは、受講当日会場でお支払いください。

前のページへ
次のページへ