トップ大会・打ち上げ会の予定全国大会競技種目 > 計測












































<関数表(tan)>
tan

計 測


● 高度
 ・到達高度値が成績となる競技種目の場合,その高度は次の方法により計算される。
   ベースラインは200m以上の一直線とし,その直線距離の中心を射点とする。
   そのベースラインの両端に測定ポイントを設ける。

  測定項目は上下角のみとし,水平角は測定しない.両端の測定点の計測角度からそれぞれ高度を計算し,次項の計算式に基づき計算する.なおベースラインが諸条件により,200mmに満たない場合は競技委員長の判断による。

● ペイロード定点着地競技
 ・カプセルが分離した状態で回収された場合は失格とする。
 ・測定者が着地点を視認できなければ失格とする。
 ・着地は安全な回収でなければならない。
 ・カプセルの着地点と測定中心点との距離をAとする。
 ・ロケットの着地点と測定中心点の距離をBとする。
 ・A―B=Cの距離が採点となる.数字の大きいほうが上位となる。
 ・定められた測定円の中に着地した機体のみ、距離を測定します。
 尚,着地点が測定中心点から40mを超える場合は記録なしとなる。

● 定点
 ・中心(射点)からの距離により得点配分し,着地したサークルに配分された得点を加算する.基本的2回の打上げの合計点で順位を決定する。(ただし、定められた測定円の中に着地した機体のみ、距離を測定します。)
 
   得点配分は原則として以下とする。
    2m以内      : 10点
    2m超  5m以内 :  8点
    5m超 10m以内 : 7点
   10m超 15m以内 : 6点
   15m超 20m以内 : 5点
   20m超       : 3点

● 時間
 ・時間計測は2名の計測員によって計測され,その平均値を競技記録とする。
 ・計測時間は,1/10秒以上を計測値とし,それ未満は切り捨てる。
 ・フライトは,次のような場合終了したとみなされ,時間計測を終了する。
  - 機体の一部が地面,建造物,樹木などに接触した時点。
  - 機体が障害物や雲の陰に入り確認出来なくなった時点で時間計測者は10秒間だけ計測を続行し,その後も機体が確認出来ない場合には時間計測を終了し,計測された時間から10秒差し引いた値を滞空時間として記録する。

● スポーツスケール
 ・ドキュメント(実機資料)などは不要とするが,機体製作時に使用した写真などは添付すること。
 ・得点順位は付けないものとする。
 ・開催競技会によって,各種の賞を設定するものとする。


   高度競技での高度測定方法
  h=(L/2× tan a + L/2× tan b)×1/2









前のページへ