トップ大会・打ち上げ会の予定> ロケット甲子園



ロケット甲子園競技規則


TARC2017競技規則

ロケット甲子園            


ロケット甲子園優勝チームは、TARC国際大会への出場権利を得ることが確約できませんが、当協会は引き続き努力いたしますので、
(1)ロケット甲子園に参加するチームは、全国大会に1回以上出場していることが必要です。また、上記の可能性を含んでいますので、@とAを満たすことが必要です。
@ 確実にTARC国際大会に自費(渡航費、宿泊費等含む)で参加できるチーム
A 代表決定後に現地で簡単な英会話ができるチーム員を1名加えること(選手であればさらに良い)
(2) ロケット甲子園に参加するチームは、中学1年から高校3年生までの学校に在籍している学生で、3名から10名で1チームを構成し、同一学校から複数チーム参加できます。
(3) すべての参加者は日本モデルロケット協会の有効な第4級ライセンス以上の所持者で、D型以上のエンジン使用のためエンジンを扱う者は第3級ライセンスを所持していなければならない。
 ロケット甲子園に出場する機体は、安全最優先から米国TARCが推奨している米国「RockSim」設計ソフトを使用することが望ましいです。日本語による使用方法の解説は、新版、手作りロケット入門(誠文堂新光社刊)に詳しく記載してあります。

《重 要》

大会参加者は、必ずライセンスを所持し、見える位置に提示してください。

 大会は、FAI国際航空連盟主催競技に準じ運営しています。したがって、ライセンスを不携帯

の場合は、大会に参加できません。

 見学される方は、ライセンスは不要です。主催者の指示に従い打ち上げ場所(発射台)から安全

な距離をとって見学してください。



前のページへ戻る
次のページへ