トップ従事者資格(ライセンス)制度第4級ライセンスを取るには> 第3級ライセンスを取るには

第3級ライセンスを取得するまでの流れ
第4級ライセンス




試験用紙請求




試験に解答




解答用紙返送




登録用紙受領




登録申請




第3級ライセンス
合格点は80点

第3級ライセンスの取得


(1) 取得条件

 モデルロケット打ち上げ第3級ライセンスはA〜Cエンジンに加えてD〜G型エンジンの取り扱いができます。(火薬量20gを超えるエンジンの購入・打ち上げには、第3級ライセンスの他に都道府県知事の火薬類譲受消費許可証が必要です)
 第3級ライセンスの取得には第4級ライセンスを所持していることが条件です

(2) 取得方法

 第3級ライセンスを取得するまでの流れは、次の@〜Eのようになります。まず、試験用紙を請求してください。
 @ 試験用紙の請求 → A 解答 → B 解答用紙返送(80点以上なら) → C 登録申請用紙受領 → D 登録申請 → E 第3級ライセンス発給
 (注) 第3級ライセンスを取得する試験は自宅で受験することになります。自宅で受験した後、解答用紙を協会に送っていただきます。

@ 試験用紙の請求
  (ア)メモ用紙に
   ・「第3級ライセンス試験用紙希望」
   ・現在所持している「ライセンス」番号
   と記入してください。
  (イ)ご自宅の郵便番号、住所、氏名を記入し、80円切手(平成26年4月1日以降は82円切手)を貼った返信用封筒
  (ウ)上記(ア)と(イ)を封筒に入れ、当協会にお送りください。
  試験用紙を同封してご自宅にお送りします。
A 試験を解答
B 解答用紙を協会に返送
 80点以上合格です。それ以下は残念ながら不合格です。




【模擬試験】(制限時間は特にありませんからじっくりと考えてください。)

問1〜問5まで1問10点、問6〜問15まで1問5点


問1 モデルロケット本体の材料は何を主体に作られるか正しいものを選びなさい。
   a.金属パイプ、紙、プラスチック
   b.プラスチック、金属、バルサ
   c.プラスチック、紙、バルサ

問2 モデルロケットエンジンに点火する正しい手段はどれか選びなさい。
   a.電気
   b.マッチ
   c.バネ

問3 安定する機体はどれか選びなさい。
   a.圧力中心と同じ位置に重心位置
   b.圧力中心の前に重心位置
   c.圧力中心の後ろに重心位置

問4 2段ロケットに使うエンジンの正しい組み合わせはどれか選びなさい。
   a.B6−0、C6−0
   b.A8−5、B6−0
   c.A8−3、B4−6

問5 B4−4エンジンの正しい燃焼時間はどれか選びなさい。
   a.2.00秒
   b.0.32秒
   c.1.25秒

問6 B6−4エンジンの正しいトータルインパルスと遅延時間の組み合わせはどれか選びなさい。
   a.トータルインパルス5NS、遅延時間4秒
   b.トータルインパルス5NS、遅延時間6秒
   c.トータルインパルス10NS、遅延時間7秒

問7 ロケットの最高点は高度測定器を使用したとき45度であった。ベースライン200mのとき、予想高度は何mか。
   a.100m
   b.200m
   c.300m

問8 C型エンジンを打ち上げるとき打ち上げ者、待機者、見学者がそれぞれ発射台からはなれなければならない最小距離はどれか選びなさい。
   a.打ち上げ者5m以上、待機者15m以上、見学者20m以上
   b.打ち上げ者10m以上、待機者15m以上、見学者20m以上
   c.打ち上げ者5m以上、待機者10m以上、見学者20m以上

問9 エンジンの燃焼順番で正しいものはどれか選びなさい。
   a.点火 延時薬−推進薬−放出薬
   b.点火 推進薬−放出薬−延時薬
   c.点火 推進薬−延時薬−放出薬

問10 モデルロケットエンジンの製造について正しいのはどれか選びなさい。
   a.モデルロケットエンジンは工場生産の国際規約に適合したものである
   b.モデルロケットエンジンは自分で作る
   c.第3級打ち上げ従事者であればモデルロケットエンジンは自作できる

問11 C6−3エンジンを4個使ったクラスターエンジンのトータルインパルスはB6−6エンジンを2個使ったクラスターエンジンの何倍で、点火システムの結線方法が正しいものを選びなさい。
   a.8倍で直列つなぎ
   b.4倍で並列つなぎ
   c.6倍で並列つなぎ

問12 同じロケットを使用した場合C6−6エンジンとC5−3エンジンでは、どちらが早く加速できるか。
   a.C6−6エンジン
   b.C5−3エンジン
   c.空気中ではどちらも同じ

問13 リカバリーワディングは次のどれを使用するのが正しいか選びなさい。
   a.ティシュペーパーなど紙ならば何でも良い
   b.モデルロケット用に作られた難燃紙などの燃えない材料を使う
   c.紙は放出熱で燃えるので、油のついた布を使う

問14 セーフティーキーを入れて安全確認をして、発射ボタンを押したが、エンジンノズルから少し煙が出ただけでロケットは発射しなかった。この不点火の原因は何か選びなさい。尚、パイロットランプは明るく点灯していた。
   a.電池が古く電圧が低かった
   b.リカバリーワディングの入れ方が悪かった
   c.フローティングといって、イグナイターの先端がエンジンノズルの
     火薬に正しく接触していなかった。またはエンジンが吸湿していた

問15 上昇したロケットからパラシュートが放出されたが、パラシュートが開かなかった。原因は何か選びなさい。
   a.ロケットの重心位置が間違っていた
   b.エンジンの遅延時間の長いものを使用した
   c.リカバリーワディングの入れ方が悪く、エンジンの放出熱でパラシ
     ュートが溶けたか、パラシュートのたたみ方が悪かった
 模擬試験の解答

前のページへ戻る